制作サイドの救世主

スマホゲームでは、アニメーションの演出が欠かせないものとなっています。デザイナーによって生み出されるキャラクターに命を吹き込むのがアニメーションであり、その華やかな演出によって、ユーザーは意欲を刺激されるからです。ですから、スマホゲームを制作する際にはアニメーションをふんだんに使用することが大切ですし、それこそがユーザー獲得への近道だといえるでしょう。ですが、スマホゲームの制作の際、もっともコストがかかるのもまたアニメーションであることから、制作企業の多くは、いかにコストを軽減しつつ、クオリティの高いものを制作することができるかで頭を悩ませているのではないでしょうか。

そんな制作企業の救世主ともいえるソフトウェアが、2Dアニメーション用の「スパイン」です。「スパイン」は、ボーンと呼ばれる骨格データを入れることによって、複雑な動きを表現できるようにしただけでなく、ファイルを軽減することもできる画期的な2Dアニメーション用のソフトウェアなのです。「スパイン」を導入するメリットは、それだけではありません。制作時間を短縮できることに加えて、コストの削減にもひと役買ってくれる、画期的なソフトウェアなのです。今では多くのアニメーション制作企業が導入しており、それによって成果をあげています。

「そんな都合のいいソフトウェアがあるものか」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、論より証拠、「スパイン」を導入してみれば、どれだけ優れたソフトウェアなのかを理解することができるでしょう。コストの削減を実感することができたなら、本格的な導入を考えればいいのです。「スパイン」は改良を重ね、最新のものは日本語にも対応しているので、まだ導入していないという企業は、ぜひこの機会に導入を検討してみてはいかがでしょうか。スマホゲーム制作の救世主となってくれるだけでなく、必ずや、コスト削減にも貢献してくれることでしょう。