存分に動かす

「もの足りない」と感じるスマホゲームの多くは、キャラクターに魅力がないだけでなく、アニメーションの使用頻度が低く、動きが単調なのではないでしょうか。スマホゲームではさまざまな場面でアニメーションが使われていて、その部分に一番コストがかかるため、コストを削減しようとすると、当然のことながらアニメーション部分がチープになってしまうのです。ですが、ユーザーはキャラクターの魅力のひとつとしてそうしたアニメーション部分を楽しみにしているので、その部分のクオリティが低いと、「もの足りない」と感じるだけでなく、ゲーム自体をやめてしまうこともあるのだということを、制作代行企業はしっかりと理解しておくべきでしょう。

ですが、実際問題として、アニメーション制作に携わる人手不足は深刻であり、競合するスマホゲームは多く、いかに低コストで制作できるかが配信企業からの依頼を取るカギにもなっていることから、「アニメーションを減らすことで利益をあげたい」と考える企業は少なくないことでしょう。そうするとクオリティが下がることとなり、悪循環に陥ってしまいます。ですから、「低コストでアニメーションを制作する方法」を考える必要があるでしょう。そのためにお勧めなのが、「スパイン」という2Dアニメーション用のソフトウェアです。

「スパイン」は、ボーンと呼ばれる骨格データを入れることで、人の動きをスムーズに再現することができるようにした画期的なアニメーション用ソフトウェアです。それだけでなく、初心者でもクオリティの高いアニメーションが制作できるよう配慮がされているソフトウェアでもあります。また、ファイルの軽減や制作時間の短縮にも特化したソフトウェアなので、ゲーム制作企業が抱えているさまざまな問題を解消してくれるだけでなく、スマホゲームには欠かせない演出であるアニメーションのクオリティを下げることなく、かつ、存分に動かすことができるようにしてくれるソフトウェアでもあるので、まだ導入していない企業は、できるだけ早い時期に導入することをお勧めします。