動きに幅を出す

「スパイン」という2Dアニメーション用のソフトウェアは、単純に見えがちな2Dアニメーションの動きに幅を出すことが可能であるだけでなく、ファイルを軽減し、作業時間やコストまでも軽減してくれることから、スマホゲームの開発には欠かせないソフトウェアとなってきています。スマホゲームにとって、キャラの動きやエフェクトは欠かせないものであることから、多くの作業時間がそのために費やされてきましたが、スパインというソフトウェアが開発、提供されるようになってからは、作業効率がぐんと上がったというアニメーション制作現場からの声は多く、いまでは多くの企業が率先して使用しています。

「スパイン」は、ボーンと呼ばれる骨格データを入れることによって、複雑な動きを簡単に表現することができる画期的なソフトウェアでもあるだけでなく、バージョンアップを繰り返し、より使いやすく、滑らかな動きを再現できるようにと進化し続けているソフトウェアでもあります。まだ使用していないという制作企業があるのであれば、コスト削減のためにも制作時間短縮のためにも導入を考えるべきでしょう。

スマホゲームにアニメーションは欠かせません。むしろ、美しいアニメーションがスマホゲームの魅力のひとつだと言っても過言ではないでしょう。ユーザーは、キャラクターの動きに魅せられ、ゲームを進めることで見られるそれらを楽しみにしているからです。そのためゲーム内では多くのアニメーションを活用するべきですが、今までは膨大なコストがかかっていたため、いかにしてアニメーションの部分を削るか、コストをかけずに華やかな動きを演出するかが課題だったでしょう。しかし「スパイン」の登場によって、動きに幅を出すことが可能になっただけでなく、低コストでありながら華やかな演出をすることも可能になったので、アニメーションを豊富に使用したゲームを制作することができるようになったのです。「スパイン」は、ゲーム業界の救世主ということができるでしょう。